こんにちは、style&stretch 石田です。

今回は【ぐっすりと眠って疲れをとりたい】という方に

オススメのストレッチをご紹介致します。

 

夜中に何回も目が覚めて疲れがとれない要因として、

・仕事や家庭でのストレス

・寝室の騒音や照明

・寝具などの睡眠環境

・過剰なアルコール摂取

・寝る前に長時間のゲーム

・寝る前のスマホやパソコン

・運動不足        などがあげられます。

 

上記の要因で交感神経が優位に働くことで、筋肉が硬くなってしまいます。

 

ぐっすり眠るためには副交換神経を優位に働かせ、体をリラックスさせるといいでしょう。

そのために、

寝る前のゲームやアルコールなどを控えめにすることも大切ですが、

ストレッチで筋肉を緩め、自律神経のスイッチをオフにして、1日の疲れを軽減させましょう。

 

本日ご紹介するストレッチは、

脇腹からお尻までを伸ばせるストレッチをご紹介致します。

 

image1

・仰向けになり、両腕を開きます。

・右手を左膝の外側に添え、息を吐きながら左膝を右側に倒します。

・目線は左に向け、左脇腹からお尻に伸びを感じながら、約30秒間キープしましょう。

・仰向けの姿勢に戻り、反対側も同じように行います。

 

睡眠前のストレッチは、翌日元気よく動くための準備でもあるので、ぜひお試しください。