運動を始める前に

 

 

こんにちは、トレーナーの浅川です。

 

4月に入り、暖かくなって新しいことを始めようとお考えの方はいらっしゃいませんか?

「冬の間はあまり動きたくないなぁ」

「寒くて運動はしたくないよ」など

と思っていた方も、暖かくなってウォーキングやジョギング、スポーツクラブ、ヨガやピラティスなどの習い事など新しいことにチャレンジしたくなりますよね?

 

でも冬の間に

『太ってしまった』

『筋肉が落ちてしまった』

『体が硬くなってしまった』

『疲れが溜まって動きたくない』など、

お悩みの方も少なくないと思います。そこで本日は、本格的に体を動かす前に準備段階としてもってこいのストレッチについてご紹介致します。

 

『ストレッチの効果』として…

1、動きやすい体づくり

2、ケガの予防

3、健康維持

4、痛みの改善

5、ケガからの早期回復   などが挙げられます。

 

冬の間あまり体を動かいしていないと筋肉は落ちて硬くなり、筋肉は脂肪へと変化していきます。脂肪を燃焼させるには筋肉をつけて代謝を上げなくてはいけないという悪循環に陥ってしまいます。

 

ストレッチをすることで筋肉の伸びや張り、関節の動きが良くなり体を動かしやすくなり、「軽くなった気分」を実感できます。また、運動前のウォーミングアップとして利用されることからも、筋肉の温度を高めて体を暖機することができます。

 

またストレッチは「健康体操」として広く活用されていることからも、ストレッチをすることによって筋肉の活動が盛んになり、代謝もよくなります。これによりエネルギーの消費も促進されダイエットの効果も期待できます。

 

さらにストレッチの血行促進効果により、血液中の老廃物や痛みの物質、疲労物質などの分泌が促進され、痛みの改善、疲労回復に繋がります。

 

また冬の間に体を動かさなかったのに、急激に体を動かすことによって筋肉を傷め、故障に繋がりますが、ストレッチで筋肉の緊張を和らげることで、筋肉に連結、連動する腱や関節への負担が軽減され、痛みの原因を少なくするだけではなく、ケガの予防、ケガの回復にもつながります。

 

激しい運動をする前に、まずはストレッチをして体の準備をすることが大切です。

 

そこで本日は椅子を使った太もものストレッチをご紹介いたします。

体の中で一番大きく、またよく使う太ももの筋肉を動かすことで効率よく代謝を上げることができます。また椅子を使用することで大きな伸び感を感じていただけます。

 

 

足を大きく開いて片足を椅子に乗せてバランスを取り、体重をゆっくり真下に落としながら股関節の付け根から太ももの前を伸ばします。無理なく約30秒程度伸ばし、逆の足も伸ばします。

 

 

片足を椅子に乗せてバランスを取り、体重をやや斜め前に変えるようにして股関節の付け根から太ももの前を伸ばします。無理なく約30秒程度伸ばし、逆の足も伸ばします。

 

 

『ストレッチも運動です!』

当店のパーソナルストレッチは、自分で体を動かすセルフストレッチと違い、我々トレーナーがお客様の体を動かしていきますので、寝ているだけでリラックスして運動することができます。スポーツクラブにいきなり通うのはハードルが高すぎると思う方には運動の初歩としてオススメですので是非お越しください。