こんにちは、Style&Stretch青山店トレーナーの龍官です。

本日は、多くの方が使用している【スマートフォンからくる首こり】について

お話し致します。

みなさんはスマホやタブレットなどの機器をお使いになられたことありますよね?
現在では約7割の方が使用されていると言われており、電車やバスの車内で手元をじっと見つめている学生さんや社会人の方をよく目にします。

通勤通学以外でもご自宅で長時間の操作していることはないでしょうか?

スマホやタブレットを操作している時、ご自身がどのような姿勢になっているのかご存知ですか?もしご存知だったとしても、その姿勢が今後ご自身の身体にどのような影響を与えているのかを考えていきたいと思います。

スマホやタブレットなどの機器を操作している時の姿勢は、うつむいて背中が丸まっていることがほとんどです。首は正常な状態では弯曲していますが、長時間の操作で首は本来の弯曲の形を失ってしまいやすく、その状態が長く続くと弯曲はなくなり、真っ直ぐになっていきます。その状態が『ストレートネック』と言います。

同時にうつむいて背中が丸まることで、姿勢は『猫背』になり、肩は前に出て『巻き肩』の状態になることで、肩周り周辺の筋肉は緊張状態となり血液の流れが悪くなります。そうなることで、血流の悪い部分に疲労物質などが溜まり、肩こりとして痛みや重だるさを引き起こしてしまいます。

このように不良姿勢が続くと、頭痛、肩こり、上が向きにくいなど…
様々な症状を引き起こす可能性があります。

 

 
『ストレートネック』の姿勢を自宅でも改善することができます。

自宅でも簡単に出来る【タオル枕】のご紹介致します。

 


1.バスタオルを用意します。
2.バスタオル半分にたたみ、さらに半分にたたみます。タオルの端からクルクルと巻いていきます。
3.タオル枕を首の後ろに挟むように寝ます。隙間ができず、首が自然なカーブになったら大丈夫です。
4.これを5~15分を目安に寝てください。痛みのない程度で行ってください。

 

この様な症状に心当たりのある方は是非当店にお越しください。
首周辺の筋肉の緊張をやわらげ、痛みを改善すると共に
身体本来の正しい姿勢にしていきましょう。