こんにちは、style&stretch 石田です。

本日は、ハイヒールによる疲れや、腰痛を引き起こす原因についてご紹介致します。

女性の多くは、お仕事でハイヒールを履いたり
オシャレでハイヒールを履く方も多いと思います。

このハイヒール、実は太ももの付け根(腸腰筋)の柔軟性を低下させてしまう1つの原因でもあるんです。

この太ももの付け根にある腸腰筋とは、以前にも紹介しましたが、

インナーマッスルの一つで、骨盤から腹部の奥にあり、

大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3つで構成されている筋肉です。

0a1a748164e507a725264bc9e137003e

この腸腰筋の柔軟性を低下させてしまう原因とは、

ハイヒールは、平らな靴よりも足首が不安定になり足先に力が入ります。

また本来の歩き方である 『かかとからつく』 というのが難しく、
常に 『つま先で歩いている』 状態になってしまいます。

このように、ハイヒールを履いている方の姿勢として、多くが骨盤が前傾しやすく反り腰になりやすいのです。

骨盤が前傾することで、太ももの付け根でもある腸腰筋が縮んで硬くなり
骨盤の歪み、腰痛などの原因になることもあります。

ですから、普段ハイヒールをよく履く方は、腸腰筋の柔軟性を高めケアすることが大切です。

 

そこで、本日は腸腰筋のストレッチをご紹介致します。

・膝立ちの姿勢から、片脚を前へ直角に出し、手を腰に当てる

・そのままの姿勢で骨盤を後ろに倒します。

image1

 

・床に膝をつけている太ももの付け根が伸びているのを感じながら
体を膝を立てている側にねじります。

image2
左右それぞれ約30秒程度キープします。

 

朝、起床した時や、お風呂上がりなどに行うのがオススメです。
是非、ストレッチで体を変えていきましょう。