こんにちは、style&stretchの山本です。

 

今回は【プロテイン】についてお話します。

 

 

皆さんはプロテインについてどのようなことをご存じですか?

大半の人は筋トレをやっている人が筋肉を効率よく作るために飲むもので

それ以外の人には必要がないと考えている人がほとんどだと思います。

しかし、これからの時代は運動をしなくてもプロテインを摂取する時代が

当たり前になるかもしれません。

 

 

『プロテインとは?』

 

「プロテイン」とは、「たんぱく質」を英語訳したものになります。

プロテインの語源は、古代ギリシャの言葉で、「プロテイオス」からはじまり、

意味は「もっとも重要なもの」という意味になります。

その重要度を表すかのように、人間のカラダは、水とプロテイン(たんぱく質)の

塊といっても過言ではありません。
筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまでたんぱく質から

できています。
たんぱく質が不足するとヒトのカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまいます。

そうならないためにも、人間にとって「もっとも重要な栄養素」である「たんぱく質」を

適切に摂取することが重要になります。

 

 

『たんぱく質の必要量』

 

一日で必要なたんぱく質の量は人によって異なります。

普段あまり身体を動かさない人は体重1kgあたり1gと言われています。

逆に普段からスポーツをよくする人は1gだと足りないので、2g摂取することを

おすすめします。

 

『たんぱく質が不足すると起こること』

 

たんぱく質が不足すると明確にカラダに不調が現れます。

まず、たんぱく質とは炭素や酸素と言ったたくさんの分子が繋がった【アミノ酸】が集まったものです。

そのアミノ酸が不足すれば、生命維持にも不調をきたします。

例えば免疫機能の低下や集中力・思考力の低下が挙げられます。

さらに、スポーツなどの活動を行っている場合は筋肉がダメージを受けるため、

そのダメージを修復するのに、普通よりも多くのたんぱく質が必要となります。

たんぱく質が不足すると、カラダづくりがうまくいかない、体調を崩しやすくなり、

ケガをしやすい、ケガの回復が遅いというような、望ましくないことが起こります。

よりよくなろうと思って、スポーツや、トレーニングを行っているなら、たんぱく質は十分に摂取しましょう。

 

 

『たんぱく質の多く含んだ食べ物』

 

目安・・・ご飯一膳(100g)たんぱく質2.5g

 

肉類(100gあたりのたんぱく質含有量)

生ハム(24.0g)      鶏ささみ(23.0g)      ローストビーフ(21.7g)

牛もも肉(21.2g)     豚ロース(19.3g)      鶏砂肝(18.3g)

ローストハム(16.5g)   ウインナー(13.2g)

 

魚介類(100gあたりのたんぱく質含有量)

イワシ丸干し(32.8g)   いくら(32.6g)       焼きたらこ(28.3g)

するめ(69.2g)      かにかまぼこ(12.1g)    魚肉ソーセージ(11.5g)

 

卵類(100gあたりのたんぱく質含有量)

卵黄(16.5g)              ピータン(13.7g)      ゆで卵(12.9)

ウズラ卵生(12.6g)    生卵(12.3g)        ポーチドエッグ(12.3g)

卵白(11.3g)       ウズラ卵水煮缶(11.0g)

 

大豆製品(100gあたりのたんぱく質含有量)

きな粉(35.5g)      油揚げ(18.6g)       納豆(16.5g)

がんもどき(15.3g)    厚揚げ(10.7g)       こしあん(9.8g)

豆腐(6.6g)        豆乳(3.6g)

 

 

乳製品(100gあたりのたんぱく質含有量)

パルメザンチーズ(44.0g)  脱脂粉乳(34.0g)     プロセスチーズ(22.7g)

カマンベールチーズ(19.1g) クリームチーズ(8.2g)   植物性生クリーム(6.8g)

ヨーグルト(4.3g)      牛乳(3.3g)

※乳製品は商品によってたんぱく質含有量に差があります。

 

これらが一般的に各分野においてたんぱく質が多いと言われる食品になります。

 

しかし、たんぱく質と言っても製品によって消化吸収にかかる時間が異なります。

そのため、たんぱく質を摂取する際は単一ではなく、いくつかの食品を合わせて摂ると効果的と言えます。

 

プロテイン1杯分に含まれるたんぱく質含有量はおよそ20gで一見少ないようにみえますが、食品にはたんぱく質だけではなく脂肪酸などの違う成分も含まれてきているので効率よくたんぱく質を摂取するにはやはりプロテインがおすすめです。

 

筋トレをする人はもちろんですが、そうでない人もたんぱく質摂取にはプロテインを活用してみてもいいかもしれません。

 

 

もちろんたんぱく質(栄養素)を身体の隅々までしっかりと行き渡らせるには代謝をあげることも重要です。

ストレッチで代謝を上げ、プロテインを摂取することセットで考えるのがおすすめと言えます。

是非、実践してみて下さい。