こんにちは、style&stretch青山店 トレーナーの龍官です。

 

最近、パッとしない天気が続いていますね。
こまめに天気予報を確認するようにしていても曇ってきたり、急に雨が降ったりと不安定な天気で洗濯物を屋外に干すか悩みどころですね。 天候がはっきりしないことで肩こりや腰痛が気になる方はいらっしゃいませんか???

雨が降ることで「古傷が痛む」って耳にしたことがあると思います。天候の変化が人体に様々な影響を及ぼすことをご存知ですか?

これらは自律神経の乱れが関係しているかもしれません。

今回は、自律神経に注目したいと思います。

 

【自律神経】
雨の日など天候のすぐれない日は、自律神経に影響を与えてしまいます。
人間の体は、絶えず体温調節を行なっています。その調節を担う部分が自律神経になります。

自律神経の働きは『交感神経』と『副交感神経』の2つに分けられます。

~交感神経と副交感神経の働き~

→交感神経
運動をしている時、私たちは興奮状態となります。この時、心拍数は早くなり、汗が分泌されるようになります。運動時など体を活発に動かしている時を想像してください。

交感神経の働きが不調の原因になるのか?
交感神経が働くことは正常なことで、逆に働きすぎている体とは?

・筋肉が硬くなる
・血管が縮むことで、栄養などが全身に行き渡らない
・リンパの流れも悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなる

 

→副交感神経
交感神経と反対の働きをすると考えてください。
副交感神経は体がゆったりとしている時に働きます。

副交感神経を働かせるには?

ストレッチで筋肉を伸ばしたり、マッサージで筋肉をほぐしたり、リラックスした時間を作ったりしましょう。

筋肉をのばしたりほぐしたりすることで…

副交感神経が優位になる
・体の緊張がほぐれることで筋肉、血管も緩み体内の流れも良くなる
・栄養などが全身に行き渡る
・疲労物質も排出される

このように副交感神経を働かせることで、体の中から不調を改善することが出来ます。

 

このように不調自体がストレスとなり、さらに交感神経が働いてしまいます。そこでストレッチをすることで副交感神経を働かせ、交感神経の働きを抑え、自律神経の乱れを整えることもできます。

 

 

そんな症状をお持ちの方は是非当店にお越しください。
Style&Stretchでは、リラックスできる空間でのパーソナルストレッチを提供しています。
天気が悪いからといって、自宅にこもっていては何の改善にも繋がりません。皆様のお悩み解消のため、我々トレーナーが全力を尽くします。皆様のご来店お待ち致しております。