こんにちはstyle&stretch石田です。

はじめに、信号待ちや電車の中で真っ直ぐに立てていますか?

 

いつの間にか肩が左右どちらかに下がり、片足重心に…

 

あれ?と思いあたる方や

なかなか自分では気づかず、ふとした時に

身体が歪んでいたという事はないでしょうか?

 

そこで本日は「歪み」をテーマに紹介致します。

 

身体が歪む原因として

image2

骨が歪んでいるのか?

骨格が歪んでいるのか?

 

と色々考えると思います。

 

実は、身体が歪んでしまうのは「筋肉」に多くの原因があります。

 

日常生活の癖が積み重なり、筋肉が偏った状態で使用し負担をかけ続けた結果、

筋肉に骨が引っ張られ、身体がどんどん左右非対称となってしまうのです。

 

身体が歪んでしまうと様々な影響が出やすくなります。

 

姿勢が崩れ、肩こり・腰痛・体のだるさなどの不調に繋がってしまいます。

さらに、生理不順・便秘・冷え・内臓疾患なども

体の歪みによって引き起こされます。

 

当店にいらっしゃるお客様には、

猫背などによる肩こり・腰痛・身体のだるさに悩む方が多くいらっしゃいます。

 

骨盤の左右の歪みはだけでなく、猫背などの姿勢も身体の大きな歪みです。

 

歪みを改善していく為には、硬くなっている筋肉の柔軟性をあげて、

上下前後左右のバランスを整えることが改善の近道です。

 

主に歪みに関わる日常の癖として

 

・足を組む

・片足重心(立っている時)

・鞄を片側で持つ

・左右非対称なスポーツを行なっている

・寝ている時の姿勢を(横向き)

・利き手でなんでも行う

・長時間同じ姿勢でいることが多い

・ヒールの高い靴を履くことが多い

・歩き出す方の足がいつも同じ

 

など例をあげればいくらでも出てきます。

 

このように日常生活で歪む原因の要素が沢山あります。

意識していてもなかなかすぐには変える事は難しいと思います。

 

 

image1

 

そこで上下前後左右のアンバランスから生じる歪みによって不調に繋がってしまっている方は、

パーソナルストレッチで筋肉の柔軟性を上げて、快適な日常生活を送ることができるように

しっかり全身を伸ばして改善していきましょう。