こんにちは、Style&Stretch青山店 トレーナーの浅川です。

 

最近特に気温が下がってきて、厚手のコートやダウンジャケットを着ているかと思います。この時期は室内と屋外の寒暖差で体温調節が難しいですね。

また風邪やインフルエンザにかかったという話も聞くようになってきました。

そこで本日は【基礎代謝とストレッチ】についてご紹介致します。

 

 

【基礎代謝とは】

まず「基礎代謝って何?」って思っていらっしゃる方もいると思います。

さて、基礎代謝とは『生きていくために必要な最低限の生命活動のこと』を言います。

『生命活動の維持に必要なこと』とは、呼吸すること、体温の調節や心臓などの内臓の活動のことを指します。つまり基礎代謝とは生命活動の維持するために必ず必要です。
では次に、基礎代謝を上げるメリットと下がるデメリットについて説明いたします。

 

【基礎代謝を上げるメリット】

  • 冷え性の改善
  • 痩せやすく太りにくくなる
  • 肩こり、腰痛の予防
  • むくみの改善
  • 疲れにくい
  • 虚弱体質の改善
  • 自律神経を整える
  • 美肌効果

 

【基礎代謝が下がるデメリット】

  • 太りやすく痩せにくい
  • 疲れやすい
  • かたこり、腰痛になりやすい
  • お肌トラブル
  • 精神面のトラブル改善

上記のデメリットを改善するためには、バランスの良い食事・質の良い睡眠・水分補給、そして適度な運動です。規則正しい生活を送ることが一番なのです。

次によく『基礎代謝が落ちる』と言われますが、その落ちる原因とは何なのでしょうか?

 

 

【基礎代謝が落ちる原因】

原因①    食事
食事バランスの偏りが基礎代謝を落としてしまいます。

ビタミン不足やたんぱく質不足などが挙げられます。たんぱく質は血や筋肉になる身体には欠かせない栄養素です。またビタミンは炭水化物や脂肪、たんぱく質をスムーズにエネルギーに変える役割を果たしています。基礎代謝を落とさないためにもバランスの良い食事を心がけていきましょう。

原因②    姿勢
姿勢が悪くなることが問題で胸郭が狭くなり、生命活動に必要な呼吸が浅くなってしまいます。横隔膜や腹横筋の収縮が小さくなり、基礎代謝が落ちやすくなります。また酸素を身体全体に送る機能も低下してしまうので、体内でエネルギーの燃焼がうまくいかず、体温調節がしにくくなります。姿勢の悪さは、見た目以上に生命活動維持に大きな影響を与えてしまいます。

 

原因③    筋力
運動不足によって筋力低下し、代謝によって発熱する機能が低下しています。女性の方に多いと言われ、最近平熱が35度台の方も多いと言われています。

その他にも加齢や睡眠、水分不足など様々な原因があると言われています。

 

【ストレッチで基礎代謝を上げる】

基代謝が落ちる原因をいくつか挙げてきましたが、改善に一番近づくのは運動をして筋肉を付けることです。なぜなら身体の中で一番エネルギー消費量が多いのは全身にある筋肉だからです。

でもいきなり運動を始めて、筋肉をつけようとしてもなかなか付きにくいものです。また運動後に筋肉痛になったり、ケガなど故障をしてしまったり、運動が長続きしない、多忙などで運動をすることが難しかったりする方も多くいらっしゃいます。

そこでストレッチがオススメです。ストレッチで筋肉を温めて、関節の可動域を上げることで、姿勢改善や血行改善の視点から基礎代謝を上げていくことができます。ストレッチは1人で行うより、2人で行った方がより効果的です。それは我々トレーナーが身体のことを理解して、1人ではなかなか行えない『痛気持ちいい』という部分までしっかり伸ばすことでできるので効果を上げることができます。

 

皆様も『最近代謝が落ちてきたなぁ』と感じたら、是非一度当店のパーソナルストレッチを体感してみてください。ご来店をお待ち致しております。