こんにちはStyle&Stretch名古屋栄店石田です。

 

日常生活で座る、歩く、立つといった動作をする際に使っている股関節は体の中でとても大事な部位になります。

股関節がスムーズに動く状態を保つためにストレッチで股関節周辺の筋肉を柔らかくしておくことが大切です。

 

そこで本日は【股関節が柔らかくなるメリットについて】ご紹介します。

 

股関節を柔らかくなるメリットには以下のことが挙げられます。

 

・怪我予防

股関節は日常動作の歩く時でさえ体重の何倍もの負荷がかかっています。

股関節の柔軟性を高めることは怪我予防になります。

 

・体の不調改善

体の不調は股関節が硬いことが原因で起こっている場合があり、一見関係ないような場所でも股関節が根本的な原因ということも多いです。

また骨盤は、人の姿勢を作る上でかなり重要な役割をしています。

股関節が硬くなり骨盤に歪みを生じることで姿勢が崩れてしまいます。

股関節痛はもちろん、肩こりや腰痛など股関節から離れた部位の不調にも関係しています。

 

・血行促進

股関節は上半身と下半身のつなぎに当たるので、血管も多く集まっている場所です。

柔軟性を高めることで全身の血行を良くし疲労回復やむくみ冷え性の改善にも繋がります。

「血行がよくなる=代謝が上がる」ということでダイエットをするうえでも柔軟性は大切です。

 

*股関節周辺のストレッチ方法*

ストレッチを行うことで血流を良くし代謝を高めていく効果があります。

是非以下のストレッチをお試しください。

 

 

 

【大殿筋】おしりのストレッチ

 

 

1.両膝を抱えます。

2.お尻から腰にかけて丸めるように伸ばします。

大殿筋はお尻にある大きな筋肉です。

例えば座っている際にお尻で全体重を支えているように、あまりコリを感じていなくてもとても疲れが溜りやすい部位です。ここが硬くなることで姿勢が崩れる原因にもなります。

 

 

【内転筋】内側のストレッチ

 

 

  • 片膝を抱えて外に開きます。
  • 片手で膝を持ちます。
  • 斜めに引っ張るようにするとしっかりと伸ばすことが出来ます。

 

内転筋は足を閉じる際に使われる筋肉です。多くの人が閉じていることが辛いので

足を組む姿勢や、ガニ股のままになっています。

この筋肉は日常生活で使われなくなってきているのです。骨盤付近や骨盤から膝に伸びている筋肉もあり、この付近には血管も多く集まっていることから全身の血液促進に大事な役割をしています。

 

 

【ハムストリングス】太もも裏側のストレッチ

 

 

  • 膝を軽く曲げた状態で持ち上げます。
  • 足の裏を天井に向けるように、少しずつ手前に引いていきます。

 

ハムストリングスというのは1つの筋肉ではありません。半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋の3つの筋肉を総称してハムストリングスといいます。

硬くなると骨盤後傾(骨盤が後ろに傾く)が起こり、姿勢が悪くなります。

また、歩いたり走ったりする際に後ろに蹴る動作が弱くなってしまうことや、

歩幅が狭くなることに繋がる為、日常生活を送る上でも大事な筋肉です。

 

 

【腸腰筋】付け根のストレッチ

 

 

  • 両足を縦に大きく開き、後ろの膝を床につけます。
  • 前に膝を曲げ、重心を落とします。
  • 後ろの足の太ももを床につけるようなイメージでおこなうと

付け根周辺が伸びてきます。

 

腸腰筋は腸骨筋と大腰筋からなる、上半身と下半身を繋ぐようについている筋肉です。

足を持ち上げる際に使われる筋肉なので、普段、躓きやすいという方は腸腰筋が衰えていることや柔軟性が低下している可能性があります。

 

 

股関節周辺にはたくさんの筋肉が集まっています。

その筋肉の柔軟性が低下することで日常生活動作に影響し体の不調を招く原因にもなります。ストレッチは柔軟性を高める上で効果的です。是非一度ストレッチをお試し下さい。