こんにちは、トレーナーの児玉です。

 

仕事や家事をしていると肩が凝ってきます。

それにつれて頭の奥の方も、ズキンズキンと痛くなることはありませんか?

 

頭痛は集中力や仕事や家事の効率を低下させ、生活に悪影響を及ぼします。

そのためには、頭痛の原因となっている肩こりを解消する必要があります。

 

そこで今回は【頭痛軽減 肩周りストレッチ】を紹介致します。

 

【頭痛、神経痛の種類】

<緊張性頭痛>

筋肉が緊張することで起こる頭痛です。

肩こりにより、首筋から頭にかけてしめつけられるような痛みが発生します。

肩こりがひどくなると常にどんよりとした鈍痛があり、

時には吐き気やめまいが伴う場合もあります。

 

<血管性頭痛>

血管の拍動と同じタイミングでズキンズキンと痛む頭痛です。

大きな動脈が4本あり、頭の隅々まで血液を運んでいます。

この血管が収縮、拡張することにより痛みが生じます。

肩こりの際にズキンズキンとする頭痛が生じることが多く、

血管性頭痛も関連している可能性があります。

 

<症候性神経痛>

首から頭に通っている神経を圧迫すことで起こる神経痛です。

肩こりがひどい場合、目の疲れや、目頭の重さが一緒に起こる事があります。

目の周辺の筋肉にコリがあり、神経が刺激され神経痛が起こります。

首筋のコリが原因で後頭部にピリピリとした痛みが生じます。

 

 

【頭痛軽減 肩周りストレッチ】

ストレッチをして筋肉を伸ばしたり、ほぐしたりする事は肩こりに有効です。

定期的に休憩をとり、ストレッチする時間をつくりましょう。

 

【肩周りのストレッチ】

 

IMG_0921

 

腰に手を当てて立ちます。

肩甲骨を動かす意識で肩を大きく上下に動かして、ゆっくり深呼吸を繰り返します。

※肩を上げるときに息を吸って、肩を下げながら息を吐きます。

 

 

【ねじり呼吸】

 

IMG_0922

 

椅子に座り横向きに上半身を捻り、両手を座面に置きます。

目線は後ろ側を向き、約30秒程度を目安に左右ゆっくり深呼吸を行いましょう。

 

 

日々体のケアを行うことで徐々に改善し、頭痛が起きにくい状態にしておくことが大切です。

ストレッチを行って、肩こりから起こる頭痛を予防していきましょう。