皆さん、こんにちはStyle&Stretch名古屋栄店の石田です。

 

 

筋肉の疲労やコリによって腰周辺を痛めた経験はありませんか?

そこで本日は【腰痛の原因と予防法】についてご紹介致します。

 

【腰痛の主な原因】

・姿勢の悪さ

長時間座っていたり、立ちっぱなしだったり、中腰でいたり等、無理な姿勢を続けると腰の筋肉が緊張して、時間の経過と共に筋肉が疲労し、血行が悪くなり、腰に痛みが発症します。

 

・過度な運動

重いものを持ち上げたり、激しいスポーツをしたりしたとき、肉体労働をしたとき等で腰の筋肉を酷使したときもぎっくり腰など、急性の腰痛を招くことがあります。

 

・運動不足、筋肉の退化による筋力低下

運動不足や加齢の為に腰の筋力が衰えてきている方は、腰にかかる負担が大きくなります。そして腰の周りにある大腰筋や大殿筋、中殿筋の筋力、柔軟性の低下により腰椎に負担がかかり腰痛を引き起こします。

他にも腹筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがあるので、腹筋の筋力が低下し、正しい姿勢が保ちにくくなると、腰椎に負担をかけることになります。

また骨盤周辺の筋肉は姿勢を保つのに大きく関与しています。

 

・腰痛の原因となる主な疾患

代表的なのはぎっくり腰と呼ばれる「腰部仙部挫傷」、椎間板の一部が神経を圧迫して起こす「椎間板ヘルニア」です。その他にも過度な運動が原因となる「脊椎分離症」や骨の変性などが原因となる「すべり症」、「腰部変形性脊椎症」、「腰部脊椎狭窄症」、骨がスカスカになる「骨粗鬆症」も腰痛を引き起こします。

また「腎結石」、「尿管結石」、「子宮筋腫」、「子宮内膜症」、「うつ病」や「自律神経失調症」などの疾患でも腰痛が起こることがあります。

 

 

【日常生活で出来る予防法】

 

1.良い姿勢をキープする

良い姿勢をキープすることで生活の質が改善します。正しい姿勢は血液循環を良くし、良質な睡眠がとれるようになり、肩こりや腰痛など日常的なトラブルの予防改善に繋がります。

 

2.腹筋と背筋を鍛える

筋肉のバランスは姿勢と深く関係しています。腹筋と背筋をバランスよく鍛えることで姿勢改善に繋がります。

 

3.ストレッチをする

凝り固まっている筋肉や関節の動きをスムーズにし、負担を減らし、筋肉の血流を改善します。

 

 

【自宅で出来る体幹トレーニング】

1、うつ伏せになり、肘を肩の下につきます。

2、頭から足まで一直線になります。

3、その状態で呼吸を停めないようにしながらその姿勢をキープします。

4、お尻が上がったり下がったりしないようにします。

5、約30秒程度を2~3セット行います。

 

【自宅で出来るストレッチ】

 

1、肩幅より広く手を開きます。

2、左足を前に出し、膝が外側に向くように倒し90°になるように曲げます。

3、伸ばした足のつま先は常に立てたままにします。

4、90°に曲げた足のお尻側の筋肉が大殿筋です。そこがストレッチされるように意識しながら前に重心をかけ、床に上体を近づけるようにしていきます。

後ろに伸ばしたほうの太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)もストレッチされます。

5、左右共に約30秒程度伸ばします。

 

ご自宅でも腰痛の予防改善の為に体幹を鍛え、凝り固まっている筋肉をストレッチでしっかり伸ばし、体幹を鍛えて負担を軽減させましょう。でも自分ではなかなか伸ばしにくい方は、当店のパーソナルストレッチで伸ばすことで、リラックスしながら受けていただくことができます。是非一度、当店のパーソナルストレッチも体感してみてください。