こんにちは、style&stretch 石田です。

今回は腰痛改善についてご紹介致します。

 

腰痛になる要因として様々なことが挙げられます。

要因の一つとして、反り腰(腰椎前弯型)が原因で腰痛になることがあります。

 

反り腰は腹筋が弱く、腰周りや太ももの付け根の腸腰筋が硬くなっていることが一般的です。

腹筋が弱いことで上半身を支えるために、腰周りの筋肉や腸腰筋に頼ってしまいがちです。

 

年齢を重ねるほど、このような姿勢になる傾向があり、腰痛は悪化していきます。

ですから、今からストレッチで硬くなっている腰周りの筋肉や腸腰筋を伸ばし、

弱くなっている腹筋を高めていくことで、反り腰は改善され、日常の生活でも腰に負担が少なくなっていきます。

 

今回は反り腰にも効果的な、太ももと腸腰筋のストレッチをご紹介致します。

image1

・両膝を離さないようにしながら仰向けになります。

・右のつま先と両手を遠くへ引かれるようなイメージで伸ばしながら、

もも前を伸びていることを感じながら30秒間伸ばします。

左右両方行います。

腰や膝が痛くなる方は、体を起こしたままで良いので、少しずつ無理せずに行ってください。

 

よければ是非一度、試してみて下さい。