こんにちはstyle&stretch 石田です。

 

日常生活の中で、階段を上り下りするときに、

「膝関節が痛い」

「足がだるくて疲れやすい」

といったことはないでしょうか?

痛みや疲れが出ることで、だんだん歩くことが嫌になり歩くことが少なくなって

自然と座っている時間が長くなる傾向にあります。

歩くことが減ると体力・持久力が落ち、筋肉の衰えも早くなってしまいます。

 

そこで本日は【膝の痛みや疲れを軽減させるために膝窩筋にストレッチ】を紹介致します。

 

はじめに【膝窩筋】とは…

大腿骨の外側顆から始まり、脛骨の上部の後面まで付着しています。

『膝窩』とはまさに膝裏のくぼみのことです。

膝を曲げる働きと、股関節をわずかに内旋する働きがあります。

非常に小さな筋肉ですが、膝を曲げるときに補助する役割もあります。

そして膝関節の安定性を高める働きをしています。

 

膝の痛みの原因は…

O脚などの姿勢から自然と膝に負担がかかり、膝周辺の筋肉が硬くなることや、

スポーツ等で膝を損傷することにより、膝の裏の筋肉が過緊張していることが挙げられます。

このような膝の痛みのケースでは、膝裏の筋肉【膝窩筋】が筋肥大を起こす場合もあり、

筋肉の内部を走る血管や神経を圧迫し、膝下や足先にシビレを起こすこともあります。

また血液の流れが悪くなることで、むくみや冷え性に繋がります。

 

そして【膝窩筋】が硬くなることで膝から下の足が外側にねじれが生じます。

逆に【膝窩筋】の柔軟性があると膝関節の動きが良くなります。

 

そこで、【膝窩筋】の柔軟性を高めるためにはストレッチがオススメです。

 

IMG_0992[1]

 

①床に座り、ストレッチする側の膝を約20~30度程度曲げます。

②外側に膝を軽く倒し、軽く押さえます。

※膝の外側に痛みが出ないよう気を付けます。

 

 

IMG_0994[1]

 

①足を伸ばして座り、片方の足は膝を曲げます。

②足を伸ばしている側の膝が浮いている人は優しく膝を下方に押し、上半身を倒します。

 

 

【膝窩筋】の柔軟性を高めることで、痛みや疲れはもちろん、むくみや冷え性、

姿勢に関するO脚の改善に繋がります。

小さい筋肉ですがストレッチで筋肉を伸ばすだけで

日常生活もより過ごしやすくなります。

是非一度お試しください。