こんにちは、style&stretch石田です。

寝ている時、運動している時

足がつり、痛い思いをした事はありませんか?

本日は【足がつる原因とその予防法】をご紹介致します。

まず始めに、足がつる原因として以下のことが挙げられます。

・ミネラル不足

・水分不足

・筋肉疲労

・冷え性

・加齢

・お酒との関係

・病気との関係

これを改善するためには、

水分をとる、運動の負荷を下げる、お酒を控えめにするなどが挙げられますが、

なかなか変えれない部分も多々あると思います。

そこで、オススメなのが

ストレッチです!

ストレッチは、関節や筋肉の柔軟性を高めて可動域を広げ、血行を促進し、

疲労物質が体外に排出しやすくなります。

また、ストレッチをすると緊張した筋肉が伸ばされることで、リラックス効果も得られます。

収縮した、筋肉と共に神経もしっかりリラックスできます。

本日は、足がつらないようにするためのストレッチをご紹介致します。

【土踏まずをのばす】

image1

足の指に手をかけて、手前に引きます。踵を支点にして足の先をつかみ手前にグーっと引きます。

【ふくらはぎを伸ばす】

image2

つま先を持ち、膝は自分の胸に近づけ、足首からふくらはぎが伸びるようにする。

【もも裏を伸ばす】ハムストリングス

image3

かかと・膝の裏を手で手前に伸ばします。

この3つのストレッチを日頃から行うと脚をつりにくくなっていきます。

また、足がつった場合にも、このストレッチをすることで、

緊張している筋肉を伸ばすことができます。

ぜひ、お試しください。