こんにちは!【style&stretch 名古屋栄店】トレーナーの岡本です。

 

今回は体を支える土台【足裏】についてお話しします。

肩や腰に比べて見落としがちな足裏のケア、足裏のトラブルが膝痛や腰痛、全身の姿勢の歪みに繋がることもあります。

体を支える土台で大事な部分、足裏のアーチに着目してみましょう。

 

◉足裏のアーチとは

親指のつけ根、小指のつけ根、踵の3点を結び足を支えているのが足裏のアーチです。

筋肉と靭帯と骨で構成されています。

人間が二足歩行で、階段の昇降や片足立ちなど様々な動きができているのも、体を支える土台で大事な部分のこの足裏のアーチのおかげです。

 

◉足裏のアーチが崩れる原因

・運動不足

・激しい運動

・立ち仕事

・肥満

・女性

・サイズの合わない靴やサンダル

などの影響が考えられます。

 

◉アーチの崩れによる影響

・片足立ちがしにくかったり、姿勢が崩れることで、首こり、肩こり、腰痛など不調に繋がっていきます。

・歩行時など着地の衝撃を分散できなかったり、膝に負担がかかることで膝痛の原因に…

そして、足の疲れやだるさ、むくみの原因にもなります。

・タコ、ウオノメ、外反拇趾など足のトラブルに繋がります。

 

◉足裏のアーチ、予防と改善のために

《足首を回しましょう!指を開いて血流改善》

椅子などに座った状態で、足首を反対の膝辺りにのせます。

足の裏から足指の間に指をしっかり入れて足先を掴み、足首をまわします。

反対の手は足首を軽く掴み固定します。

気持ち良さを感じながら足首をまわし、足指と足裏のストレッチをしていきましょう。

《タオルギャザーで足裏の筋肉を使いましょう!》

椅子に座り、足元にタオルを置きます。

タオルを両足指で掴みながらたぐり寄せます。

この時、足裏の筋肉をしっかり使いながらタオルをたぐり寄せましょう。

 

 

《当店のパーソナルストレッチ》

アキレス腱やふくらはぎの筋肉が縮むことで、踵の傾きを引き起こす原因となり、アーチが崩れやすくなります。

見落としがちな足裏のトラブルが、全身の姿勢の歪みに繋がっていきます。

日頃から足指を開いたり、足裏や足を緊張から解放してあげることで柔軟性を高め、体に負担のかからない良い姿勢を目指していきましょう!