こんにちは、style&stretch 石田です。

 

みなさん「酢を飲むと体が柔らかくなる」という話を聞いたことはありませんか?

昔から言われており、今でも気になっている方や実践されている方もいらっしゃるかと思います。

私も小さい頃、祖母に言われて酢を飲んでいたことがあります。

でも本当に「酢を飲むと体が柔らかくなる」のでしょうか?

 

そこで、本日は 【酢の効果】 についてと 【柔軟性を高める為できること】 を紹介致します。

 

結論から言うと 「関節の可動域が広くなる」 といった一般的な柔軟性を高める効果はあまり期待できませんが、

酢の効果は全くないわけではありません。

「疲労によって凝り固まった筋肉を柔らかくする」 ということは可能です。

間接的に酢の分解産物である 『クエン酸』 には血管拡張、血行改善の効果があり、

疲労物質である筋肉中の乳酸を分解して、筋肉のコリを和らげる働きがあります。

疲労が溜まって筋肉が硬くなればその分柔軟性は落ちてしまいます。

「もともと持っている柔軟性を回復させる」

といった意味では間接的に体を柔らかくする効果があると考えられます。

 

もちろん酢を飲むだけでは柔軟性は高まらず、ストレッチなどを併用する必要があります。

 

【酢の効果】 として…

酢をそのまま飲むとすっぱすぎてむせてしまいますよね。もちろんおいしくありません。

ですので酢をそのまま飲むよりも、酢の中入っている成分の 『クエン酸』 を摂取したほうが良いということです。

例えば酢以外に 『クエン酸』 が入っているものと言えば、柑橘類のグレープフルーツやオレンジ、梅干しなどの酸味成分です。

このクエン酸は栄養ドリンクやスポーツ飲料の中にも入っているため、

運動時や筋肉痛の際に飲むと効果的です。

 

IMG_0605

 

【柔軟性を高める為できること】とは…

柔軟性を高めるためにはストレッチがオススメです!

ストレッチは意図的に関節を伸ばし、筋肉の柔軟性を高め怪我の予防やリハビリ・疲労回復のための運動です。

 

IMG_0116

 

さらに効果的なのがパーソナルストレッチです。

パーソナルストレッチでは、自分一人では伸ばすことができない深層部の筋肉まで伸ばすことができます。

ストレッチは 「痛い」 というイメージがありますが、

柔軟が高まることで得られる爽快感、気持ち良さと身体を整える効果があります。

 

『クエン酸』 だけでは柔軟性を高めることは難しいですが、

ストレッチをすることでより筋肉に溜まる疲労物質が分解され、

関節の可動域が広がり、柔軟性向上に繋がります。

 

是非、『クエン酸』 が入っている柑橘類やスポーツ飲料など摂取して、ストレッチを定期的に行いましょう。

 

また、style&stretchのパーソナルストレッチでも筋肉の伸びを体感してください。

柔軟性を高めるためにしっかりとサポートさせていただきます。