こんにちは、【Style&Stretch 名古屋栄店】トレーナーの岡本です。

 

今回は【骨盤の後傾】についてお話します。

 

骨盤が後傾すると、腰や背中が丸まり猫背の姿勢になります。

姿勢が崩れることで、肩こりや腰痛など体の不調の原因になります。

なぜ、骨盤が後傾してしまうのでしょうか。

 

◉骨盤後傾の姿勢

バランスを取るために・・・

踵に重心がかかり、軽く膝が屈曲します。

上体が後ろに倒れてしまうので、あごと頭を前に出すことで、

腰と背中が丸まり猫背になってしまいます。

体の歪みが姿勢に影響します。

 

◉骨盤が後傾する原因

踵重心での歩く姿勢や立ち姿勢やデスクワークなどの座り姿勢が、

猫背になると骨盤が後ろに倒れやすくなります。

骨盤を後ろに傾ける筋肉が緊張し硬くなってしまうことと、

骨盤を前側で保つ筋肉が弱くなっていることが考えられます。

ふくらはぎや足首が硬いのも踵重心になりやすい原因です。

 

◉骨盤後傾で硬く緊張している筋肉

ハムストリングス(もも裏)・大臀筋(お尻)など、ももの裏側やお尻の筋肉が緊張し硬くなることで骨盤を引っ張り、骨盤を後ろへ傾けます。

あごと頭が前に出ることで、腰と背中が丸まり猫背になります。

猫背や巻き肩は、胸の筋肉が硬くなり肩が前側に引っ張られることも原因の1つです。

 

◉骨盤後傾による体への影響

下っ腹が出やすい・O脚・膝痛・猫背・ストレートネック・首痛・肩こり・腰痛などの一因と言われています。

 

◉お家でできる骨盤後傾改善のセルフストレッチをご紹介します。

【ハムストリング】※太もも裏の筋肉

椅子の座面に踵をのせて、膝を伸ばし股関節を曲げて上体を前に倒します。

椅子に上げている足のもも裏を意識して、気持ち良い伸びを感じながら約20~30秒程度キープしましょう。

 

 

 

 

膝を曲げて座ります。片足のつま先側にタオルをかけて、ゆっくりと膝を伸ばします。

ふくらはぎに気持ち良い伸びを感じながら約20~30秒程度キープしましょう。

 

 

姿勢が崩れることで筋肉や関節に負担がかかり、肩こりや腰痛など体の不調の原因になります。

ストレッチを行うことで、体が持つ本来の筋肉と関節の柔軟性を取り戻すことができます。

ぜひ、当店のパーソナルストレッチをご体験ください。