こんにちは、style&stretch 石田です。

今回は、骨盤の歪みとストレッチの関係についてご紹介致します。

骨盤が歪む原因として、

・いつも同じ側の足を組む

・椅子に座る時に、片方のお尻に体重をかける

・立っている時に、片方の足に体重をかけている

・・・などがあげられます。

骨盤の歪みは大きく分けて3パターンあります。

・前後の歪み

前傾 ・・・女性に多く、反り腰になりやすい。

後傾・・・男性やデスクワークをしている方に多く、猫背になりやすい。

・左右の傾き

骨盤が左右に傾くと足の長さが変わってしまったり、背骨が曲がり肩の高さが変わります。

・骨盤のねじれ

骨盤はズレやすい骨なので、数ミリでもズレるとねじれが悪化し、

腰痛や膝の痛みなどの原因になってしまいます。

 

このような骨盤の歪みを予防・改善するのにオススメなのが、ストレッチです。

ストレッチは骨盤周りの筋肉伸ばすことで、骨盤の歪みをフラットな状態に

近づけることができます。

太ももの筋肉が硬くなると、骨盤が歪む原因となります。

 

それでは、太ももの一つ、太ももの外側のストレッチをご紹介致します。

 

・片方の足を上に組み、下の足を出来るだけ内側に伸ばします。

image1

image2

・ももの外側が伸びているのを感じながら行います。

・約30秒間程度伸ばします。

是非、お風呂上がりなどにお試しください。