石田です(^^)

本日は【ストレッチで歩幅を広げる】をテーマに更新します。

普段、みなさんウォーキング時の歩幅は気にしていますか?

歩幅を広げることで
消費カロリーは高くなります。

そのために、毎日
意識して歩きますか?

意識することで変われることでもあります。
しかし、意識しなくてもストレッチで股関節周りの
固まっている筋肉を伸ばすだけで歩幅が自然と広がるんです!

人には関節の可動域というのがあるのですが、
可動域は筋肉の硬さで変わります。

股関節周りの筋肉を伸ばすことで、膝や腰など、下半身の緩和
や下半身の血流に改善、むくみや冷え性と言ったものも改善されます。
本日のテーマは歩幅を広げるですが、広げるためには
股関節の可動域がいかに重要なのかわかります。

そこで、股関節の可動域を広げるためのストレッチを3つ紹介します。

・肘で押し下げて 伸びを感じながら下げる
太ももの内側を20秒静止で伸ばす。

image1
・肘を床につけて伸ばす
後ろ脚も真っ直ぐに伸ばす。20秒静止
左右両方

image2
・腕を伸ばして
体幹軸を意識しながら指先はしっかりと伸ばし、股関節と体側を同時にストレッチ

image3
こちらのストレッチを是非、ご自宅でも試して頂いて
股関節周りの筋肉を伸ばして
自然に歩幅が広がり、消費カロリーを高めて、
膝や腰への負担も改善していきましょう(^^)