こんにちは、トレーナーの児玉です。

 

前回、O脚についてご紹介しましたが、今回はX脚についてもご紹介したいと思います。

O脚やX脚は見た目への影響だけでなく、冷え症やむくみなど健康面にも影響を及ぼします。

自覚症状がない方も多いかと思いますが、何と日本人の8割がO脚と言われています。

そこで 【O脚X脚の違いやチェック方法と改善法】 を紹介致します。

 

【O脚とX脚の特徴】

 

 

・O脚

両足の股下が開いてしまい、両脚足を揃えて立つと骨盤よりも股関節外側の

足の付根にある骨が出っ張ってしまっていることを『O脚』といいます。

 

・XO脚

両脚の膝はくっつくが、股下とひざ下が開いてしまうことを『XO脚』といいます。

膝のお皿が内側を向いてお尻の外側、膝の外側が発達してしまい太くなってしまいます。

 

・X脚

まっすぐに立った時に両足の膝が付き、膝下が八の字に開いてしまうことを『X脚』といいます。

膝の重心が外側に集中し、靴裏の内側が減ってしまいます。

 

 

【O脚、X脚のチェック方法】

 

1、かかとをこぶし一つ分開いた状態でリラックスして立ちます。

2、脚の人差し指を正面から15度ほど外側に開きます。

3、この状態では正面を向いたまま少し腰を落とします。

 

膝が外側に向いていたら『O脚』、膝が外側に内側へと向かって入り込む場合は『X脚』です。

 

【靴裏の減り方でO脚、X脚の診断】

 

靴裏は歩き方に反映して減っていきます。

靴裏の減り方をチェックすることで歩き方や体の歪みの特徴が判断できます。

(ヒールではチェックできないので、普段よく履いているスニーカーで確認してみて下さい。)

 

・O脚

靴裏の外側が減りやすい。

 

・X脚

靴裏の内側が減りやすい。

左右の靴裏の減りが違う

骨盤や体の歪みが考えられます。

 

 

【O脚改善ストレッチ】

 

 

1、立った状態から膝を地面につけるひざ立ちをします。後ろにあるつま先を外に向けて開きます。

2、両手をそれぞれの脚の膝より下の骨をつかむように置きます。

3、左右それぞれの手でふくらはぎの上から床方向に押さえながら、腰を曲げずにお尻だけ下げます。

およそ20秒程度お尻を下げたままキープします。

 

 

【X脚改善ストレッチ】

 

 

1、足の裏を合わせて、膝を開きます。

2、合わせて足の下に手を入れます。

3、足の位置の前に動かし、上半身を前に倒します。足の位置は、体を倒したときに足の裏が目の前にくるようにします。およそ20秒程度キープします。

 

チェックをして自分が『O脚』『X脚』だった方は改善ストレッチを行いましょう。

ストレッチを行って、すらっと伸びたきれいな足を目指しましょう。

もちろん見た目以外にも、冷えやむくみの解消にもつながるので是非お試しください。